米国「クリーンパワープラン」撤廃へ

2017.10.16

米環境保護局(EPA)のプルイット長官は、オバマ前大統領の環境規制「クリーンパワープラン(CPP)」を撤廃すると10日に発表しました。
米国の温暖化対策の後退は確実と見られており、米国内の科学者や州政府などから批判が噴出しています。

オバマ前政権が2015年に公表した同プランは、発電所から排出される二酸化炭素を、2030年までに05年比で32%削減する規制。
温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」で、米国が掲げた削減目標(25年までに26~28%削減)達成に向け、中核となる政策でした。
一方でトランプ大統領は、大統領選当時からパリ協定やCPPを批判しており、今年6月にはパリ協定自体からの離脱も表明しています。
EPAは、CPPの撤廃で、30年までに最大330億ドル(約3兆7000億円)のコストが浮くと説明しました。
今後の温室効果ガス規制については「関係者の話を聞いて慎重に検討する」と言及するのみで、代替策の提示はありませんでした。

このEPAの発表について、米国の科学者らでつくるNGO「憂慮する科学者同盟」のケネス・キンメル代表は、ブログで「ひどく無責任な決定だ。この発表に関わらず、クリーンエネルギーへの移行を加速するため、州や都市、企業などによる行動を推進しなければならない」と呼びかけました。
CPPの撤廃は、60日間にわたり一般からの意見を聞いた後に、内容が確定されて最終決定となるようです。
撤廃は防げなくとも、代替策が提示され、米国の温暖化対策が停滞しないことを願うばかりです。

ブログ更新しました!!

2017.09.21

ブログ更新しました!!

2017.09.01

ブログ更新しました!!

2017.08.21

ブログ更新しました!!

2017.08.18

ブログ更新しました!!

2017.08.17

ブログ更新しました!!

2017.08.14

ブログ更新しました!!

2017.08.04

ブログ更新しました!!

2017.08.02

地球温暖化が航空機に影響を及ぼす?!

2017.07.18

地球温暖化の影響で、航空機の輸送能力に影響が出る恐れがあるとする研究成果を、米コロンビア大やNASAのチームが13日に発表しました。
温暖化がこのまま進むと、今世紀後半には世界各地の空港で、離陸する航空機に重量制限が課されたり、涼しくなるまで離陸を待つ事態になる可能性があるそうです。

この原因は、空気の密度にあります。空気は温度が上昇すれば膨張し、密度が低くなるため、離陸するときに必要な空気抵抗やエンジンの推進力が低下します。
すると、航空機は重量を軽くするか、離陸速度を上げて対応することが求められます。
機体重量を軽くするためには、荷物の重量制限や搭乗人数の制限が必要です。
暑い日の日中には、航空機の10~30%は燃料・貨物・乗客を最大4%減らさなければならなくなると予測されています。
例えば、座席数160席前後の旅客機の場合、乗客を12~13人も減らさなければいけません。
一方、離陸速度を上げるには多くの燃料と長い滑走路が必要です。
これは、立地条件的に長い滑走路を確保できない空港では致命的な問題になります。
以上の条件を満たせない場合、気温の高い時間帯の離陸をキャンセルしなければならない可能性があるといいます。
実際、米アリゾナ州のフェニックス・スカイハーバー国際空港では、先月20日に気温49度を記録し、安全基準を上回ったため、計43便が離着陸を見合わせる事態に。
また、韓国・仁川国際空港の第3滑走路は、2008年の建設時、未来の温暖化を見越して4000mもの長さに設定されたといいます。
他にも、温暖化が航空機に及ぼす影響については、飛行に危険な乱気流などが増えて目的地までの所要時間が長くなる、海面上昇により一部の主要空港は水没する可能性がある、といった点も指摘されています。

研究では、世界各地の空港の最高気温は、2080年までに年平均4~8度上昇すると予測されています。
このまま温暖化が進行すれば、飛行機の利用者にも離陸キャンセルや延期、搭乗人数が減ることによる航空運賃の値上げなど、直接的な影響がでるかもしれません。