フロン排出抑制法

フロン排出抑制法フロン排出抑制法

自然冷媒はノンフロン!つまり、機器の点検と漏えいの報告が不要となります!

平成27年4月より『フロン排出抑制法』が施行されました。

使用しているフロン類(エアコン)について、全ての機器に年4回の簡易点検(注1)が必要となり、さらに大型の機器は専門家による定期点検等の義務(注2)が加わりました。
1年間のフロン類漏えい量が1,000t-CO2以上の管理者(ユーザー等)はその算定漏えい量を国に報告する必要があり、フロンをきちんと取扱いをしなかった場合には罰則(注3)も設けられました。
冷媒フロンを取り巻く環境は大きな変化を迎えています。

※注1

簡易点検例
点検内容
室外機 異常な振動や音がしている
外観や熱交換器に油にじみがある
損傷や腐食している部分がある
ゴミや草が絡まっている
配管 損傷や劣化している部分がある
室内機 異常な振動や音がしている
霜付きや油のにじみがある

※注2

管理者に課せられた義務
  1. 適切な場所への設置

    機器の損傷等を防止し、適切な保管をすること

  2. 機器の点検

    製品区分 点検内容 点検頻度
    全ての業務用機器 管理者、使用者による簡易点検 1年に4回以上(四半期毎)
    7.5kW~50kW未満の機器 専門家による定期点検 3年に1回以上
    50kW以上の機器 専門家による定期点検 1年に1回以上
  3. 無修理のままの再充填禁止

    漏えい時は漏えい個所を特定し補修するまではフロンの充填しないこと

  4. 点検履歴の保存

    機器の点検・修理・故障等の履歴を記録・保存すること

※注2

フロン排出抑制法に伴う義務、罰則
フロンをみだりに放出した場合…
矢印1年以下の懲役または50万円以下の罰金
機器の点検、漏えい対策、記録の保管の判断基準に違反した場合…
矢印50万円以下の罰金
国から求められた管理の適正化の実施状況の未報告、虚偽報告…
矢印20万円以下の罰金
都道府県の立ち入り調査の収去の拒否、妨げ、忌避した場合…
矢印20万円以下の罰金
算定の漏えい量の未報告、虚偽の報告をした場合…
矢印10万円以下の罰金

自然冷媒に変えれば一切不要!

全体像

お問い合わせはこちら